慣れない路線バスに乗る時には注意しましょう

バスに乗ったことがない人はいないと言っていいでしょう。路線を使った乗合のもの、大勢の集団行動をする際につかった大型のもの、小規模な行動の場合も小さなものがあります。路線を使ったものは日本全国いたるところに網の目のように張り巡らされています。都会ではターミナル駅発着で住宅街を結ぶもの、観光地を目指すものが多くあります。田舎では集落と集落を結ぶ大切な移動手段となっていて、特に自家用車を持つことの出来ない高齢者の人たちにとっては無くてはならないものです。しかし最近は、過疎化などにより採算が取れない路線を廃止する会社が増えてきているのが実情です。この、路線を使った乗合のバスは、路線図を見て目的地のものをわかるようになるには決して簡単なことではありません。時間によってとまる停留所が変わったり、小さな区域を走るので、似たような停留所名があったりと慣れるには時間がかかります。また、地域によって「前乗り後ろ降り」「後ろ乗り前降り」や運賃料金が「前払い」「降車時払い」か色々と違います。普段乗っているものと違う時は戸惑ってしまいますが、停留所の看板には書いてあるので、気をつけておくべきです。最近はプリペイド式のものやICカードのものが普及してきたので、運賃の支払い方法に関しては戸惑うことが少なくなってきました。